利益を出すには

今回は自分なりに、利益を出すために必要な事について考えてみました。
あくまでも自分なりにですので、そのあたりご容赦を…。

結論から言うと、利益を出すために大事なことは二つ有ると思っています。
一つは「損切り」です。もう一つは「損失を取り返す為の手法」です。

損切の話をする前にまず、利益を出す手法についてですが、トレンド狙いが一般的だと思います。もう一つはリバウンド狙いですね。

私はリバウンド狙い専門です。
私がトレンド狙いをしないのは、「いつトレンドが発生するか分からないから」です。
つまり、ポジション立てても自分の想定した方向と逆に動くたびに損切することになり、トレンドが発生しなければ
全く儲からないどころか、赤字で終わります。
それがどうしても私の感覚には合わない部分なんですね。
逆にリバウンド狙いだと、いったんトレンドが発生するまでポジションを立てることは無いので、相場が動き出す前に損が発生することは有りません。問題は、いつどの時点で相場が一時的にせよ反転するのかが分からない事。もうひとつは、いったん発生したトレンドの動いた幅のだいたい1/3程度しか戻らない事。つまり、トレンド狙いよりリバウンド狙いで狙える利幅の方が基本的に短いですね。

次に、トレンドが発生すると思われるポイントやリバウンドすると思われるポイントを探る方法については、MACDやストキャクティクス、移動平均線等々…、様々な手法やツールがあります。
これらの様々なツールを使って、自分の経験を活かしつつ、かつ、高い確率でトレンドが発生するポイント・高い確率でりバウンドするポイントを探れる方法を見出し、皆さんポジションを立てておられると思います。
つまり、儲ける為の手法はいくらでもあると思っています。

問題は、自分の想定通りに動かなかった場合の損切の仕方ですね。
損切の方法が明確になっていないと、塩漬けになり、我慢の限界を超えてどうにもならなくなって仕方なく損切りすることになると思います。
我慢の限界を超えるような損を発生させてしまったら、その損失を取り返すのにどれだけの労力が必要になるのでしょう…。
そう考えると、損切の方法を明確にすることは、利益を出す手法を確立させること以上に大事だと思っています。
思うように儲けられない方は、こんなことになっていませんか?

相場が不利な方向に走った時、「戻ってきてくれ~」と祈ることが多い。

この状態は、損切り手法が確立できていないことの表れだと思います。
まずは、損が出ても祈る必要のない取引ができるように、損切の手法を明確にするといいと思います。

「損失を取り返す為の手法」については、いつか書くかもしれませんし書かないかもしれません(;^ω^)
では。(^^)/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる