スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/1の取引結果(最終損益):3/30より日々の損益が3連勝 添付ファイル有り。

今日の米国の雇用統計発表直後の動きは少なかったですね…(;^ω^)
勤務時間中でしたが、暇だったのでタブレットで見ていました。

何度かユーロドルと豪ドル円で取引のタイミングがあったので、勤務中でしたが少しつまみました。
22時前に勤務を終えて速攻で帰宅して取引したところ、添付ファイルのとおり、本日の最終損益は+106,247円となりました。

今日は運に恵まれました。雇用統計発表直後はユーロドルでトレードしていたので、豪ドル円の一方的な下落に巻き込まれませんでしたし、家についてトレードを始めたのが22時10分頃だったのですが、丁度、豪ドル円が下落相場から反転し始めるタイミングで取引できました。

もし、米国の雇用統計発表時間からずっと家に居てPCでトレードしていたら間違いなく豪ドル円の下げにやられていたと思います。そして、午前中に利確した40,000円程の利益は無くなっていたと思います。

21時30分から22頃までの豪ドル円のチャートを暫く見ながら、損切の方法について考えていました。

相場はいつ大きなトレンドを発生させるか分からない。
大きなトレンドを狙っていたら、ボックス圏でことごとく損切を繰り返す。

今は前回高値底値を損切のポイントとしているのですが、過去チャートを見ている時は凄く良い方法だと思えるのですが、実際にトレードしている時はその方法だとやりにくいやりにくい…(>_<)

それで思ったのですが、損切を金額ベースでやってみてはどうかなと…。

例えば、取引方法は何でもいいので、一回のトレードで含み損が20,000円になったら無条件にすべてのポジションの損切りをし、再度入り直す。
ある程度利確をしている状態であれば、その日の利益の金額全てを消し去ってしまうだけの含み損を抱えたらその一連のトレードで建てたポジションは全て損切る。そして再度最初から入り直す。

といった感じです。いくら相場を読んで取引を始めたとしても、思い通りに動いてくれるとは限らないですからね。
上がる時は上がるし、下がる時は下がる。
そんなもんですよ相場なんて。

損切の方法をどちらでやるのが合理的なのか、もうちょっと考えます。

ていうか、どちらの方法が良いかなんてことを考えること自体無意味な気もしますが…。

だって、相場は上がる時は上がるし下がる時は下がるのであれば、どんな方法で損切をするのが適切なのかは、その時の相場次第ってことですからね…。

で、明日は家族旅行に出掛けます。私が会社に行っている間に子供を嫁が眼科に連れて行ったのですが、大したことなかったようです。
朝6時起きなので、そろそろ寝ます。(只今、4/2 深夜1時頃です)
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
平成28年4月1日1
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。