殆どの投資家が負ける理由

個人投資家がFXを始めても、1年以内に退場するのが9割。生き残った1割の人についても、2年目以降も利益を出し続けて資産形成できるのは更に1割。つまり、1%しか個人投資家は生き残れないといわれていますね。数字については人によって多少違いはあると思いますが、ほとんどの人が損をしているのがFXだという認識は皆さん一緒だと思います。

ボリンジャーバンド・MACD・エリオット等々…
分析するためのツールは山ほどあり、いろんな人が有効な使い方について書籍にまとめたり、ネットにアップしたりされてますが、それでも個人投資家は1%しか生き残れないという現実。
自分自身の失敗経験も振り返りつつ考えると、多くの個人投資家が勝てない原因は、下記3つ。

①どんなツールを駆使しても不正解では無い。ただ、守るべき損切ポイントを守れない自分自身が最大の癌。
②相場が動いた結果が平均線やポリンジャーバンド・MACD等の動きであるはずなのに、ツールを重視し過ぎるとまるで、ツールが全てのような感覚になってしまう。
③相場に対して、「高過ぎる・安すぎる」或は、「これから先は上がるだろう・下がるだろう」というような、自分自身の予想(自分の相場観)を取引に持ち込んでしまう。

特に私個人の場合、③の、「自分勝手な相場観」が自分自身の取引ルールを守らずに逸脱する一番の原因であり、今でも自分の相場観を取引に持ち込んでポジ建てしてしまい、失敗するという愚かな行為を時々やらかしてます。

つまり、「殆どの個人投資家が負ける理由」の私なりの回答は、「未熟な投資家自身」です。

取引をする中で、損が発生しているときに「(自分にとって有利な方向に)戻ってくれ~」って祈っていませんか?
これをやっているうちは、一時的に勝てることはあっても必ずどこかでドツボにはまると思います。

FX取引には、「メンタルの強さが必要」という意見の方も居られますよね。
私もそう思います。ただ、「損が発生しているときにひたすら耐える強さ」ではないと思います。
私が思う「メンタルの強さ」は、「ロットを上げて手っ取り早く儲けたい」というような欲に負けることなく、「自分の取引ルールをきちんと守り、感情に左右されることなく淡々と取引できる精神的な強さ」だと思います。

長くなってしまったので、今日はここまでにしますね。
でわm(__)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる