スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<勝つためのトレード手法①>会社勤務等の仕事と兼業しているトレーダーの、デメリットとメリットを理解する。また、どれだけの利益を必要としているのかによっても取引方法は異なる。

<デメリット>
長い時間軸で取引しようとすると、トレードチャンスを逃すことが多い。
専業投資家と比べてトレードに費やせる時間が短く、トレード手法に自由度が少ない。

<メリット>
会社からの給料(固定給)があるという安心感。

<補足>
専業トレーダーに対して兼業トレーダーの不利な点は、長い時間軸でのトレードチャンスでエントリーしにくいという点です。
会社勤務をしている方は、週5日以上・一日当たり8時間以上勤務しているという方が殆どだと思います。
長い時間軸で方向性を探れればダマシにひっかかりにくいと一般的にいわれていますが、平日のほとんどの時間を会社勤務に割かれている以上、長い時間軸でエントリーポイントを探っていると、「トレードチャンスを逃した。」という事が多くなると思います。

更に、長い時間軸で取引をする場合、損切ポイントもそれなりのpips幅を持たせることになります。そうなると、損切りした場合の損失額も大きくなります。それならば、取引ロットを抑えたらいいだけだという話もあるかもしれませんが、なかなかエントリーできない手法でロットを抑えると、いったいどれだけの利益を得られるのだろうかということになります。

どの程度の利益を必要としているのか。会社勤務の給料だけで十分生活できる稼ぎがある方であれば小遣い程度の利益が得られればいいと思いますので、長い時間軸で小さなロットで取引するやり方でも問題ないと思います。

しかし、私のように福祉関係の会社に勤めていて、会社の給料が世間の底辺程度のものしかない者にとっては、FXで稼ぎたい額が小遣い程度の利益では足りません。

そうなると、取引に費やせる時間が少ない者にとっては、短い時間軸で取引するしかないと思います。
短い時間軸で取引すると、ダマシにひっかかってしまって損をするという損切のリスクは高くなりますが、利益を得られるチャンスも多くなります。

私のような、FXで小遣い程度ではなく生活資金も稼ぎたいという者にとっては、

「短い時間軸でそれなりのロットで取引する」

しか方法がありません。

ではどうやれば、ダマシの多い短い時間軸での取引で利益を出していけるのか。

明日から書いていきます。
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。