投資において、ポジポジ病は本当に悪か? & 一日当たりの損益バランスの大切さについて。【BNF氏へのインタビュー動画付き。】

今私はマイルールの構築にあたり、損切について悩んでいるのですが、ユーチューブのBNF氏に関する動画で思い出したことがあります。
それは、下記リンクの2つの動画に登場します。
BNF氏の取引回数

BNF氏のある月の月間収支

先ず①の動画を見て頂くと、その中にBNF氏のある日のトレード回数が出てきます。
物凄い回数のトレードを繰り返されていますね。

FXでは、勝てるトレーダーは勝てるタイミングでしかトレードしないっていうようなニュアンスの言葉をよく見かけますが、勝てるタイミングって何なんでしょうね。
言葉としてはカッコいいですが、信憑性に欠けますね。

FXと株は違うっていう人も居るでしょうが、私がここで重要視したいのは損切についてです。
全くイコールという事は無いと思いますが、それだけの回数をトレードしているという事は、それだけ利確と損切を繰り返しているという事ですよね。
BNF氏の損切の速さは有名です。
別の動画を見ていると、「ダメと思ったら損切ればいいんです。」って当たり前のように言われていました。

損切に対して何のためらいもないという事ですよね。
損切をちゅうちょして爆死する負け組トレーダーとは、正に真逆の存在ですね。


②の動画を見ると、BNF氏のある月の月間収支が出てきます。
日々の損益も見ることが出来るのですが、驚くべきはその損失と利益のバランスです。

大きく勝ったり大きく負けたりしていますが、その「大きく勝つ」ときの数値と、「大きく負けた」時の数値の絶対値がほぼ同じってことです。
BNF氏は100億の資金を持っている時に、1億負けたら旅行に行きたくなくなると言っておられます。
自分の資金量とBNF氏の資金量の比率で許容できる損失範囲を考えてみるのもいいかもしれません。

株の信用取引では手持ち資金の2~3倍の取引が出来るのに対し、FXでは25倍もの取引が出来ます。
一見、FXの方が素晴らしい環境のように思いますが、この25倍もの取引が出来るという環境が未熟者のトレーダーが爆死する原因に他なりません。

だって、資金の2~3倍しかトレードできないのならば、一度の取引で大半の資金を失うようなトレードにはそう簡単にはならないと思います。

逆に考えると、手持ち資金の2~3倍でしかトレードできない株取引で、資金160万円を200億以上にしたBNF氏の天才ぶりが際立ちますね(;^ω^)

安易にハイレバレッジを多用する取引の危険さを感じます。海外の超ハイレバ口座なんて、素人が安易に手を出すものではないと、改めて思います。


あまり高くないレバレッジの範囲内で取引をし、ある程度高い確率で勝てる取引方法で勝ったり負けたりを繰り返しながら、利益を積み重ねる。

勝ち組トレーダーに近づく方法のひとつではないかと感じています。

↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる