「有名なBNF氏に関すること、破産した主婦、笑えるけれど他人事ではないトレーダーetc…」トレードに関して参考になる動画です。

以下の6つのリンクは、2016年までに記事に上げていたものです。その中で停止になっていたものもあったので、リンクを貼りなおしました。

ヘッジファンドの動き、有名なBNF氏に関すること、破産した主婦、笑えるけれど他人事ではないトレーダー、世界的に有名な投資家の名言。

これらについてリンクを貼っています。
今後も参考になるものが見つかれば、順次アップしていきます。
※記事を再アップするにあたり、文章を一部変更していますm(_ _)m

<2016.04.10付の記事>
世界のヘッジファンド戦争(1から3)

①2分47秒頃からの「様々な情報を分析」
 ヘッジファンド等、組織として多くの専門家が情報収集している集団と個人投資家は戦っています。さあ、個人投資家が出来る情報収集って、それと比べてどの程度のものでしょうね…。

②3分16秒頃からの「プロでもコツコツドカンは不可避」
 この動画の中(27分頃)で、一カ月で16億もの莫大な利益を得たことについて、「大成功だ」と発言しています。これに対して、一日で60億損していますよね。これをコツコツドカンと言わずに何と言うのでしょう…。

③8分45秒頃からの「中央銀行担当者との会合」
 凄い人脈ですよね。これに対して一般的な個人投資家の人脈って…。オフ会レベル??

④15分頃からの「ドル高に掛ける」
 個人投資家がこれをやると単なるギャンブルですよね。ヘッジファンド等の集団では多くの情報を基に予想していますから、個人投資家の「予想」とはレベルがそもそも違いますね。

⑤20分頃から21分50秒頃までの「情報が真実とは限らない。しかし相場はそれにも反応する。偽りの情報を流して稼ごうとするプレイヤーも居る。」
 世の中には様々な情報が流れていますよね。その中の情報について正しく見極められる個人投資家がどのくらい居るのでしょう…。更に、その情報を得られるタイミングは、個人投資家は圧倒的に遅いですしね。

⑥23分20秒頃からの「分散投資。原油で儲け、為替で損失」
 当たり前ですが、全ての資産を一つの取引につぎ込むことなんてプロはやりません。しかし、個人投資家の多くは経験があると思います。自分の資金の限界までポジションを建ててしまったことが。私ももちろんあります。しかも、何度も(;^ω^)
 すべての資金を一つのトレードで使ってしまう。その危険に対する認識が足りない人は、最大ロットまでポジションを建てても損切りできないのでしょうね。

⑦32分55秒頃からの「最後のナレーション」
 ⑤と同じことですが、相場の世界では物凄い駆け引きが行われていると、改めて思わされますね。そんな中で私のような僅かな資金力しか無く、大した情報網も持たない個人投資家がどうやったら資金を増やしていけるのか…。
 

チャートばかり見ていると、単なる相場の上げ下げに思えてしまいますが、その裏にある幾多の投資家の思惑の結果がチャートなのですよね…。

相場の世界で生き残れる個人投資家は1%程と言われていますが、1%も勝てているのかと思っちゃいますね(;^ω^)

情報でも不利。資金力でも不利。コツことドカンも不可避。

さて、そんな条件で個人投資家はどうやったら生き残れるのでしょうか…(;´Д`)
難しいですが頑張ります。


<2016.03.12付の記事>
1000万近くを一晩で失った主婦

1000万通貨ものポジションを建てて含み損状態なのに損切をためらう人

上記2つの動画はユーチューブでアップされているものです。
この2つの動画は物凄く極端な例ですが、少しでも似ている部分が自分のトレードの中に起きているとしたら、それは危険信号だと思います。
FXで「勝つ」のではなく「勝ち続けたい」なら、絶対に反面教師にしないといけない方々ですね。

{1つ目の動画について}
ポンドの取引でトレンドに逆らうなんてそれだけでも恐ろしいことなのに、損切設定せずに寝るなんて末恐ろしい方です。
少しでもFXについて理解のある人であれば、絶対しないことですよね。
この主婦の方は、FXについて勉強不足過ぎると思います。
ていうか、少しでも勉強したのかなと思ってしまうレベルです…。
「FXは儲かる可能性がある」という事を、「FXは儲かる」と誤解したんでしょうね。
成るべくして成った結果に過ぎないと思います。
同情の余地はありません。

{2つ目の動画について}
通貨ペアはユーロドルだと思うのですが、1000万通貨もポジション建てられるなんて、羨ましい資金力ですね。
ご自分のお金かどうか怪しいですが…。
それにしても、たったの-60pips程度で-600万円なんて、ポジション建てのやり方が無茶苦茶ですね。
仮にMAXレバまでポジションを建ててしまったならば、その状態から含み損が少しでも膨らんだら損切りするのは当たり前ですよね。
「もう少し待てば(自分にとって都合のいい方向に)相場が戻ってくるかもしれない。」
勝てないトレーダーが抱く、儚い希望ですね。
FXでは25倍までのレバレッジを使う事が出来ますが、その25倍のレバをどう使うかはそれぞれのトレーダーの考え方次第だと思います。
ただ、25倍までレバレッジを使い切っても損が更に膨らんでいくのであれば、損切りしないといけないという事だけは守らないといけないルールだと私は思います。



<2016.03.08付の記事>
マイルールの構築にあたり、損切について悩んでいるのですが、ユーチューブのBNF氏に関する動画で思い出したことがあります。
それは、下記リンクの2つの動画に登場します。
BNF氏の取引回数

BNF氏のある月の月間収支

先ず①の動画を見て頂くと、その中にBNF氏のある日のトレード回数が出てきます。
物凄い回数のトレードを繰り返されていますね。

FXでは、勝てるトレーダーは勝てるタイミングでしかトレードしないっていうようなニュアンスの言葉をよく見かけますが、勝てるタイミングって何なんでしょうね。
言葉としてはカッコいいですが、信憑性に欠けますね。

FXと株は違うっていう人も居るでしょうが、私がここで重要視したいのは損切についてです。
全くイコールという事は無いと思いますが、それだけの回数をトレードしているという事は、それだけ利確と損切を繰り返しているという事ですよね。
BNF氏の損切の速さは有名です。
別の動画を見ていると、「ダメと思ったら損切ればいいんです。」って当たり前のように言われていました。

損切に対して何のためらいもないという事ですよね。
損切をちゅうちょして爆死する負け組トレーダーとは、正に真逆の存在ですね。


②の動画を見ると、BNF氏のある月の月間収支が出てきます。
日々の損益も見ることが出来るのですが、驚くべきはその損失と利益のバランスです。

大きく勝ったり大きく負けたりしていますが、その「大きく勝つ」ときの数値と、「大きく負けた」時の数値の絶対値がほぼ同じってことです。
BNF氏は100億の資金を持っている時に、1億負けたら旅行に行きたくなくなると言っておられます。
自分の資金量とBNF氏の資金量の比率で許容できる損失範囲を考えてみるのもいいかもしれません。

株の信用取引では手持ち資金の2~3倍の取引が出来るのに対し、FXでは25倍もの取引が出来ます。
一見、FXの方が素晴らしい環境のように思いますが、この25倍もの取引が出来るという環境が未熟者のトレーダーが爆死する原因に他なりません。

だって、資金の2~3倍しかトレードできないのならば、一度の取引で大半の資金を失うようなトレードにはそう簡単にはならないと思います。

逆に考えると、手持ち資金の2~3倍でしかトレードできない株取引で、資金160万円を200億以上にしたBNF氏の天才ぶりが際立ちますね(;^ω^)

安易にハイレバレッジを多用する取引の危険さを感じます。海外の超ハイレバ口座なんて、素人が安易に手を出すものではないと、改めて思います。


あまり高くないレバレッジの範囲内で取引をし、ある程度高い確率で勝てる取引方法で勝ったり負けたりを繰り返しながら、利益を積み重ねる。

勝ち組トレーダーに近づく方法のひとつではないかと感じています。



<2016.02.14付の記事>
偉大なる投資家達の名言集

【先ずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。】
重い言葉ですね。私も、少し儲けられるようになったからって、少し浮かれているのではないかと反省させられます。
「お前はまだ相場の世界で生き残れてはいない。」そう言われているような気さえします。

【金だけでその人を評価していたら視野が狭くなってしまう。】
家族をしっかり養う事が目的とはいえ、金儲けに重点を置いている私にとっては、なにか突き刺さるものが有ります…。
もし機会があるならば、ぜひお会いしてみたい人です。BNFさん。

【忍耐強く待ち、シグナルを見出した瞬間反応するのが投資・投機である。】
まさにその通りですよね。自分の信じるシグナルをチャートが発信していないのにポジションを建て、悲惨な思いをする。
私も何度繰り返してきたことか。そして未だに繰り返している…(>_<)

【相場には、絶対確実などということはまず無いと思うべし。いつ地雷を踏むか分からんのだから。】
当然の事ですよね。地雷を踏んでも損失を最小限に食い止めるための手段、それがマイルール。
こういう偉大な方でさえ、「絶対は無い。」と言っているのですから、「負け無し」とか「絶対勝てる」とかの意味不明な広告は信憑性ゼロです。

【俺が手痛い目にあうのは常に、俺の方針、つまり過去の例からすると自分の判断が正しいと自信を持ってゲームに臨めるときにしか相場に入らないという方針を守ることが出来ないときだ。】
私も全く一緒です(-_-;) こんな偉大な人でも、私のような凡人がしでかすようなミスをするのかと思ってしまいました(;^ω^)
「最大の敵は自分の中に居る。」
まさにその通りですよね。

↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<youtube動画より>①個人投資家にファンダメンタル分析によるトレードは無理。②プロでも経験するコツコツドカン。個人投資家には不可避。  33分の動画を7つに分けて読み込んでみました。 

世界のヘッジファンド戦争(1から3)

①2分47秒頃からの「様々な情報を分析」
 ヘッジファンド等、組織として多くの専門家が情報収集している集団と個人投資家は戦っています。さあ、個人投資家が出来る情報収集って、それと比べてどの程度のものでしょうね…。

②3分16秒頃からの「プロでもコツコツドカンは不可避」
 この動画の中(27分頃)で、一カ月で16億もの莫大な利益を得たことについて、「大成功だ」と発言しています。これに対して、一日で60億損していますよね。これをコツコツドカンと言わずに何と言うのでしょう…。

③8分45秒頃からの「中央銀行担当者との会合」
 凄い人脈ですよね。これに対して一般的な個人投資家の人脈って…。オフ会レベル??

④15分頃からの「ドル高に掛ける」
 個人投資家がこれをやると単なるギャンブルですよね。ヘッジファンド等の集団では多くの情報を基に予想していますから、個人投資家の「予想」とはレベルがそもそも違いますね。

⑤20分頃から21分50秒頃までの「情報が真実とは限らない。しかし相場はそれにも反応する。偽りの情報を流して稼ごうとするプレイヤーも居る。」
 世の中には様々な情報が流れていますよね。その中の情報について正しく見極められる個人投資家がどのくらい居るのでしょう…。更に、その情報を得られるタイミングは、個人投資家は圧倒的に遅いですしね。

⑥23分20秒頃からの「分散投資。原油で儲け、為替で損失」
 当たり前ですが、全ての資産を一つの取引につぎ込むことなんてプロはやりません。しかし、個人投資家の多くは経験があると思います。自分の資金の限界までポジションを建ててしまったことが。私ももちろんあります。しかも、何度も(;^ω^)
 すべての資金を一つのトレードで使ってしまう。その危険に対する認識が足りない人は、最大ロットまでポジションを建てても損切りできないのでしょうね。

⑦32分55秒頃からの「最後のナレーション」
 ⑤と同じことですが、相場の世界では物凄い駆け引きが行われていると、改めて思わされますね。そんな中で私のような僅かな資金力しか無く、大した情報網も持たない個人投資家がどうやったら資金を増やしていけるのか…。
 

チャートばかり見ていると、単なる相場の上げ下げに思えてしまいますが、その裏にある幾多の投資家の思惑の結果がチャートなのですよね…。

相場の世界で生き残れる個人投資家は1%程と言われていますが、1%も勝てているのかと思っちゃいますね(;^ω^)

情報でも不利。資金力でも不利。コツことドカンも不可避。

さて、そんな条件で個人投資家はどうやったら生き残れるのでしょうか…(;´Д`)
難しいですが頑張ります。
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

恐ろしいほどのコツコツドカンの超典型取引。さすがにこれは極端過ぎますが、自らを戒めるためにも時々見ておきたい動画(ユーチューブより)

1000万近くを一晩で失った主婦


1000万通貨ものポジションを建てて含み損状態なのに損切をためらう人

上記2つの動画はユーチューブでアップされているものです。
この2つの動画は物凄く極端な例ですが、少しでも似ている部分が自分のトレードの中に起きているとしたら、それは危険信号だと思います。
FXで「勝つ」のではなく「勝ち続けたい」なら、絶対に反面教師にしないといけない方々ですね。

{1つ目の動画について}
ポンドの取引でトレンドに逆らうなんてそれだけでも恐ろしいことなのに、損切設定せずに寝るなんて末恐ろしい方です。
少しでもFXについて理解のある人であれば、絶対しないことですよね。
この主婦の方は、FXについて勉強不足過ぎると思います。
ていうか、少しでも勉強したのかなと思ってしまうレベルです…。
「FXは儲かる可能性がある」という事を、「FXは儲かる」と誤解したんでしょうね。
成るべくして成った結果に過ぎないと思います。
同情の余地はありません。

{2つ目の動画について}
通貨ペアはユーロドルだと思うのですが、1000万通貨もポジション建てられるなんて、羨ましい資金力ですね。
ご自分のお金かどうか怪しいですが…。
それにしても、たったの-60pips程度で-600万円なんて、ポジション建てのやり方が無茶苦茶ですね。
仮にMAXレバまでポジションを建ててしまったならば、その状態から含み損が少しでも膨らんだら損切りするのは当たり前ですよね。
「もう少し待てば(自分にとって都合のいい方向に)相場が戻ってくるかもしれない。」
勝てないトレーダーが抱く、儚い希望ですね。
FXでは25倍までのレバレッジを使う事が出来ますが、その25倍のレバをどう使うかはそれぞれのトレーダーの考え方次第だと思います。
ただ、25倍までレバレッジを使い切っても損が更に膨らんでいくのであれば、損切りしないといけないという事だけは守らないといけないルールだと私は思います。
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ



投資において、ポジポジ病は本当に悪か? & 一日当たりの損益バランスの大切さについて。【BNF氏へのインタビュー動画付き。】

今私はマイルールの構築にあたり、損切について悩んでいるのですが、ユーチューブのBNF氏に関する動画で思い出したことがあります。
それは、下記リンクの2つの動画に登場します。
BNF氏の取引回数

BNF氏のある月の月間収支

先ず①の動画を見て頂くと、その中にBNF氏のある日のトレード回数が出てきます。
物凄い回数のトレードを繰り返されていますね。

FXでは、勝てるトレーダーは勝てるタイミングでしかトレードしないっていうようなニュアンスの言葉をよく見かけますが、勝てるタイミングって何なんでしょうね。
言葉としてはカッコいいですが、信憑性に欠けますね。

FXと株は違うっていう人も居るでしょうが、私がここで重要視したいのは損切についてです。
全くイコールという事は無いと思いますが、それだけの回数をトレードしているという事は、それだけ利確と損切を繰り返しているという事ですよね。
BNF氏の損切の速さは有名です。
別の動画を見ていると、「ダメと思ったら損切ればいいんです。」って当たり前のように言われていました。

損切に対して何のためらいもないという事ですよね。
損切をちゅうちょして爆死する負け組トレーダーとは、正に真逆の存在ですね。


②の動画を見ると、BNF氏のある月の月間収支が出てきます。
日々の損益も見ることが出来るのですが、驚くべきはその損失と利益のバランスです。

大きく勝ったり大きく負けたりしていますが、その「大きく勝つ」ときの数値と、「大きく負けた」時の数値の絶対値がほぼ同じってことです。
BNF氏は100億の資金を持っている時に、1億負けたら旅行に行きたくなくなると言っておられます。
自分の資金量とBNF氏の資金量の比率で許容できる損失範囲を考えてみるのもいいかもしれません。

株の信用取引では手持ち資金の2~3倍の取引が出来るのに対し、FXでは25倍もの取引が出来ます。
一見、FXの方が素晴らしい環境のように思いますが、この25倍もの取引が出来るという環境が未熟者のトレーダーが爆死する原因に他なりません。

だって、資金の2~3倍しかトレードできないのならば、一度の取引で大半の資金を失うようなトレードにはそう簡単にはならないと思います。

逆に考えると、手持ち資金の2~3倍でしかトレードできない株取引で、資金160万円を200億以上にしたBNF氏の天才ぶりが際立ちますね(;^ω^)

安易にハイレバレッジを多用する取引の危険さを感じます。海外の超ハイレバ口座なんて、素人が安易に手を出すものではないと、改めて思います。


あまり高くないレバレッジの範囲内で取引をし、ある程度高い確率で勝てる取引方法で勝ったり負けたりを繰り返しながら、利益を積み重ねる。

勝ち組トレーダーに近づく方法のひとつではないかと感じています。

↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

トレードを続けるに当たり、参考になることを紹介していきます。

このカテゴリでは、トレードを続けるに当たって今後も参考になるであろうものを紹介していきます。
もちろん、反面教師的なものも…(;^ω^)
先ずはこれ。
偉大なる投資家達の名言集

【先ずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。】
重い言葉ですね。私も、少し儲けられるようになったからって、少し浮かれているのではないかと反省させられます。
「お前はまだ相場の世界で生き残れてはいない。」そう言われているような気さえします。

【金だけでその人を評価していたら視野が狭くなってしまう。】
家族をしっかり養う事が目的とはいえ、金儲けに重点を置いている私にとっては、なにか突き刺さるものが有ります…。
もし機会があるならば、ぜひお会いしてみたい人です。BNFさん。

【忍耐強く待ち、シグナルを見出した瞬間反応するのが投資・投機である。】
まさにその通りですよね。自分の信じるシグナルをチャートが発信していないのにポジションを建て、悲惨な思いをする。
私も何度繰り返してきたことか。そして未だに繰り返している…(>_<)

【相場には、絶対確実などということはまず無いと思うべし。いつ地雷を踏むか分からんのだから。】
当然の事ですよね。地雷を踏んでも損失を最小限に食い止めるための手段、それがマイルール。
こういう偉大な方でさえ、「絶対は無い。」と言っているのですから、「負け無し」とか「絶対勝てる」とかの意味不明な広告は信憑性ゼロです。

【俺が手痛い目にあうのは常に、俺の方針、つまり過去の例からすると自分の判断が正しいと自信を持ってゲームに臨めるときにしか相場に入らないという方針を守ることが出来ないときだ。】
私も全く一緒です(-_-;) こんな偉大な人でも、私のような凡人がしでかすようなミスをするのかと思ってしまいました(;^ω^)
「最大の敵は自分の中に居る。」
まさにその通りですよね。
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる