日々の損益 31連勝中の取引手法:BOX圏取引をご紹介します。

こんばんわ(^^)/
さて、今回は私の取引手法をご紹介したいと思います。

表示するのは指数平滑移動平均線3本、1分のローソク足、15分などの少し長めのローソク足です。
平均線は何日でもいいのですが、自分が、「相場の転換点としてとらえやすい日数」で良いと思います。
ちなみに私は25日・50日・100日を使ってます。

先ずはエントリーポイントですが、添付ファイルのように、相場の上昇局面では、一旦上がったローソクが100日線に戻ってきたら売りエントリーします。

そのあとは、前回高値に戻ってくるまでにナンピンを使って利食いを繰り返します。

先ずは、Aのエントリーポイントを見てください。
ここでエントリーした場合、ナンピンしても直ぐに前回高値を超えてしまってますので、損切りとなります。

次に、2回目のエントリーポイントBを見てください。
ここで売りエントリーをして、Bの直前の高値を超えるまで売りナンピンをして利食いを繰り返します。
ここでも最終的には損切りすることになりますが、それまでに利食いしている利益の方が損失より少し多いと思います。

更に3回目のエントリーポイントCを見てください。
ここでも売りエントリーをして、ナンピンをして利食いを繰り返します。

あとは、相場が大きなトレンドを形成していないか確認するため、15分足のチャートも見ています。
ナンピンで対処するのが好ましい相場は、BOX圏です。一方的なトレンドを形成しているときに逆を突かれると、ナンピン手法では損切りのリスクが高くなります。

損切りしなくて済む確率の高い状況(BOX圏)でエントリーし、高い勝率を上げる。そして、トレンドが発生したと感じたら、トレードを抜ける。

基本的なトレード方法はたったこれだけです。相場が下落しているときはこの真逆ですね。

ただ、重要な要素がほかにもあります。

それは、
①どういうタイミングでナンピンして、ナンピンしたポジションをどのように決済して利益に繋げていくのか。

②相場の勢いによっては、前回高値を超えても決済しないこともある。ただ、これは損切りを回避する方法の一つだが、損切りしなければならない状況になると、その損切り額は大きなものとなっている。慣れと、損切りを自分の損失許容範囲内で確実に実行できるメンタルが必要。

③エントリーの初期ロットは小さければ小さいほどいい。(私の場合、ドル円、300万円の資金で、初期ロットは1万通貨です。)

等です。

丸4年掛かって行き付いた手法がこれです。
兼業トレーダーは、いつ勝てるか分からない方法で最終的に利益を狙う方法(トレンド狙い)より、大きすぎる損失を最大限回避しつつ勝てる確率の高い方法(BOX圏取引)の方が、メンタル的に向いていると感じています。


どんな取引方法でも同じですが、一番重要なのはダメな時の引き際です。

真似して損したなんて苦情は受け付けておりませんのであしからず~(^◇^)
4年がかりで作り上げた方法ですので、言葉にはしにくい小さな要素もたくさんあります。

トレードはどんな方法でもいいのですが、いきなり実弾でのトレードは止めましょうね…。
私のように要らぬ苦労をすることになりますよ…(;^_^A

あと、今日のトレードも利益確定で終えることが出来ました。のちほどアップしますm(_ _)m
飯も食わずに居眠りぶっこいてたじゅんを見てきます…(;^_^A
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
平成29年5月18日1
スポンサーサイト

日々の損益が取引再開から28連勝した内容の検証と手法②&会社から帰宅後の息子とのやり取り…。

こんばんわ…というかおはようございますですかね…(;゚Д゚)
14日の遅出勤務から帰宅してテレビ見ながらベットにごろ寝してたら寝落ちしてました(@_@)
今は15日の3:40分頃…(@_@)
今日は日勤なので7時40分ごろには家を出ないといけないんですがね…(;´Д`)

昨日、3月末からの全取引データをアップすると書きましたが、1つのファイルでどうやったらアップできるのか分からず、情報量は最小限にして8つに分割しました。
m(_ _)m
ちなみに、
トレード一回当たりの平均損切り額:608円
トレード一回当たりの平均利確額 :635円

になってました。
正直、一回当たりの損切り額と利確額を比べると損大利小になってるかと思ってましたが、損小利大になっててちょっとうれしかったです(;^_^A

もうちょっと寝たいので、続きは今日(15日)の勤務後にやります…m(_ _)m



14日20時過ぎに会社から帰宅すると、じゅんが「牛乳が1本も無い~。」と言いながら布団で暴れてました( 一一)

じゅん「父ちゃん買ってきて。」

父ちゃん「……。」

帰宅直後にハローズに買いに行かされました(--〆)

うちのぐうたら嫁は何やってたんでしょうね…(--〆)
14日は日曜だったんだが…(--〆)



↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
平成29年5月15日2
平成29年5月15日3
平成29年5月15日4
平成29年5月15日5
平成29年5月15日6
平成29年5月15日7
平成29年5月15日8
平成29年5月15日9

トレードで勝つために重要なのは「相場を読んで利益を出せるポイント探し。」ではなく、「躊躇なく損切りできるポイント探しとそれを確実に実行できるメンタル。」です。

こんばんわ。今日のトレードはもうしばらく続けるつもりですので、結果についてはのちほどアップします(´・ω・`)

今回は、私のこれまでの苦い経験から確実に言えることを書かせていただきます。
表題の通り、FXや株で勝つにはトレードの入り口が大切なのではなく、出口です。間違いなく。

これだけは断言できます。

まず1つ目の添付ファイルを見てください。これは今年の日本時間3/20早朝から夕方にかけてのドル円の1分足です。
5月4日2 3月20日早朝から夕方
結果的にこの時は狭い範囲でのボックス圏だったことになりますが、こうなることは朝の時点で分かるはずがありません。

この時にトレンドフォローの手法でエントリーしていると、
①短い距離で損切りしていたら赤字の累積であった。
②長い距離で損切りしていたら、大きな赤字になることはなくとも、利益は出ない。

逆張りしていたら、黒字を積み重ねていたでしょうね。


次に、下の2つ目の添付ファイルを見てください。
これは日本時間4/11日夜間から早朝にかけてのドル円の1分足です。
この時にトレンドフォローの手法でエントリーしていると、大きな利益を出せたと思います。
逆張りしていたら赤字ですね。

重要なのはこれまでに書いたことではありません。
重要なのはここからです。

ボックス圏で短い距離で損切りするルールにして実行していた場合、損失を積み重ねることになると書きましたが、死亡レベルのダメージをあっという間に喰らうことはありません。
短い距離で損切りするルールにしていたのに、長い距離で損切りするルールに変えて対応したとします。
そうすると、結果的に相場がボックス圏を形成したので助かったということになりますが、そういう人は2つ目の添付ファイルの相場のような時にもルールを破って、なかなか損切り出来ずに大きな赤字を抱える時が必ず来ます。

損切りルールをしっかり守ってトレードするのと、その時その時にコロコロとルールを変えて運が良ければ助かる方法。
あなたならどちらを選びますか?
以前の私は後者でした。そして多額の損失を抱えました。

相場はどう動くか誰にも分からない。
9勝1敗でも市場から退場させれられることがある。

とても重い言葉ですね。
利益を出すために必要な要素は他にもあると思いますが、長くなるので後日書かせていただきますね…(*^^*)
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
平成29年5月4日1(4月11夜間から早朝)

絶対ダメな心理:一旦エントリーしたら、利益が出ないと一息つけないという精神状態。

4/2の早朝から4/3の夕方頃まで、家族で一泊旅行に行ってきました。
途中、ハプニングがありましたが、子供と嫁さんには少しは楽しんでもらえたかなと勝手に思ってます(;^ω^)
2日間で550km程車で走りましたが、ちょっと疲れました。
4/4は日勤なのでもうちょっとしたら寝ます。(今は4/4 1時頃です。)

家に帰って少し寝てからトレードについて考えていたのですが、

①兼業トレーダーであること。
②相場の7割はBOX圏であること。
③一方的に30や40pips持って行かれることは一日に何度か起こり得ること。(但し、その間に僅かなリバは必ずある。)
④100pips以上一方的に動くことも、月に数度は有る事。(但し、その間に僅かなリバは必ずある。)
⑤どんなやり方であっても、必ず損することはある。
⑥トレンドが発生していたのか、BOX圏だったのか、それは結果論でしかわからない。
⑦相場の動きを予想することは出来る。予想に基づく以上は、ギャンブル。
…etc.

このようなことを考えて行き着いた、今のルール。
↓                  ↓
①ローソクの本数によるオーバーシュート手法。
②初期ロット1~5万通貨。
③再エントリーの基準は25日平均線。 

 エントリールールはこの3つのみ。

④損切については、1トレード当たり2万円の損失で一旦清算。(一回のトレードで大きなダメージを喰らわなければ、取り返せるチャンスは幾らでもあるが、自棄になってトレードしてデカい損失を被るようなことを繰り返していると、絶対に資金は増えない。減るだけ。)

 損切ルールはこれのみ。


そして、ルールについてあれやこれやと考えていた時に、改めて感じた事。


絶対ダメな心理:一旦エントリーしたら、利益が出ないと一息つけないという精神状態。

結局行きつく先はこれかなと…。

このやり方・思考で、4/4からのトレードを実践してみようと思います。

それから、資金にはDMMの取引ポイント2,000円分を加算しています。
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
平成28年4月3日

<勝つためのトレード手法③>FXで勝ち組に入るための一番明確な方法。&コツコツドカンを避ける方法。

FXで資産形成したいのに、99%の人は負けているという事実。

では何が難しくさせているのか。

FXで勝つために必要な状況、「利大損小」。

こうしたいのに、多くの人は「損大利小」・コツコツドカンとなっていますよね。

では「損大利小」「コツコツドカン」の原因は何か?

それは誰でも分かっていることで…、「損切出来ずに放置するから」。

ですよね。

そうであるならば、そうなら対ための唯一の方法は「適切な損切」です。

では「適切な損切」とはどういうものか。

それは利益について、「平均的な獲得pips」と同じ水準で損切すること。

これ以外にありません。これを破るから「損大利小」「コツコツドカン」になるだけです。

損切りせずに放置してお祈りトレードしていれば勝率は上がると思いますが、一発でそれまでの利益以上の額を吹き飛ばします。

コツコツ損切していれば、日々の収益性は下がるかもしれませんが、一発で死ぬことはありません。

あと、「コツコツドカン」のドカンのダメージを最小にする方法と最大限避ける方法。

それは、2つ。

①もし、手持ちの資金でポジション建てできる最大のロットを使い切ってしまったなら、その状態から少しでも不利な方向に相場が動いたら損切りする。

②安易に大きなロットで入らない。自己資金に対して大きなロットで最初から入るから、限界が簡単に訪れます。自己資金に対して小さめのロットで取引に入れば、限界まで余力があります。

単純な事ですよね。

②に書いているように、「小さなロットで入ると利益が少ない。」と思われるかもしれませんが、、ドカンと一発でそれまでの利益を失うリスクを考えるとどちらがいいか…。

簡単な話ですよね。

今回の記事に、<勝つためのトレード手法②>と、<勝つためのトレード手法①>を組み合わせれば、今の私のトレード方法になります。

会社の出勤時間が近付いているので、この辺で終わりますね(*^_^*)
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ


プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる