スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PART2: FXは相場の動きとの戦いではなく、自分自身との心理戦だというのが真実。 「買ったら下がる。売ったら上がる。」という言葉が意味するものとは。

おはようございます。では早速昨夜の続きを…。

「自分のエントリーした方向に対して不利に動いても、十分に対処できるやり方でトレードする。」とはどういうことなのか?

応えは単純明快。

自分の資金量に対して十分に小さいロットで取引し、十分に取り返せる範囲内で損切りすること。

です。

ではなぜ、
資金量に対して大きなロットで安易に取引してはいけないのか?

タイトルにも書きましたが、
FXは相場の動きとの戦いではなく、自分自身との心理戦
だからです。

前回の記事に書いたことですが、相場というものは波を打っている以上、買ったら下がるし売ったら上がるものなんです。
それなのに自分の資金量に対して大きなロットでエントリーしてしまうと、自分の不利な方向へ少し動いただけでストレスになってしまいます。

そのストレスが負ける原因なんです。
相場というものがいつどの時点でどう動くかなんて、予想は出来てもはっきり分かる人なんていません。

その不確実な未来に対して、相場が反転してくれないと困るという状況を作り出してしまった時点で負けが確定なんです。

運が良ければ含み損を解消できるかもしれませんが、それは所詮運です。そんなものをあてにして何年も相場で勝ち続けられるはずがありません。
もし、一方的に自分にとって不利な方向へ動いてしまったらどうなるか?
一発退場ですよね。相場では9勝1敗でも赤字になるというやつです。
投資や投機というものは、勝てばそれでいいのではなくて、勝ち続けないといけないのですから。

ではどうすれば相場に生き残れる確率を上げられるのか。

①まずは取引量を最大限小さくしましょう。私は300万円の資金を使い、1万通貨で先ずは様子見をしています。これでも正直、リスクが高いと感じています。将来的には、600万の資金で、1万通貨(状況によっては2万通貨)で様子見をするという方法に変えたいと思っています。
②損切り幅を、自分の取引方法で一日で取り返せる可能性のある範囲内にしましょう。資金の5%も10%も、一度に失うような可能性のある取引方法で勝ち続けられるはずがありません。過去の私がそれを証明しています。

「生き残れる確率を上げる」なんて何いってんだよ?と思う方もおられるかもしれません。
「まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。」伝説の投資家ジョージソロスの名言ですよ(*^^*)。

ちょっと話が逸れましたが…
おそらく、①②の方法を受け入れられない人も多くおられると思います。
しかしその多くは、既に多額の損失を抱えており、「今更そんなちまちまやってらんねぇよ」って方だと思います。

とにかく損失を早く取り返したい。

そう思うのは人として普通の心理だと思います。でもそれは、

自分自身との心理戦に負けている

んです。
私も多額の損失を抱えています。でも、急いで取り返そうとは思っていません。ルールを守って着実に利益を上げ、結果的に損失を取り返す。このことのみ考えています。相場に助けられて結果的に早く取り返せたらいいなとは思うことはありますが…(;^_^A

過去の損失を悔やんでも、これからの未来に対して良いことは何もありません。これから先の未来に対して出来る最大限のベストを尽くしましょう。
(*´▽`*)
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FXは相場の動きとの戦いではなく、自分自身との心理戦だというのが真実。 「買ったら下がる。売ったら上がる。」という言葉が意味するものとは。

買ったら下がる。売ったら上がる。

よく聞く言葉ですね。
相場っていうのは当たり前ですが、波打ってますよね。
↓こんな感じで。
平成29年5月29日2
この添付ファイルは1分足と30分足ですが、どの時間軸でも一緒ですよね。
なので、一時的にでも自分がエントリーした位置から逆方向へ動くことはしょっちゅうある事なので、

買ったら下がる。売ったら上がる。

なんて言葉が生まれたんだと思います。
たまに一直線に動くこともありますが。
↓こんな感じで。
平成29年5月29日1
⑤と⑥を単体で見ると、それぞれ一直線に動いちゃってますが、⑤と⑥を繋げて見ると、一応波を形成していますね。

つまり、相場というものは、
買ったら下がる 売ったら上がるもの
なんですよね。

「買ったら下がる。売ったら上がる。」という言葉は悲観的に捉えられがちですが、そうではなくて、「買ったら下がる。売ったら上がる。」というのは、

相場が波を打っているという状況を表しているだけ

のことなんですよね。

そうであるならば、相場で勝つにはそれを逆手にとるしかないと思います。
では、「買ったら下がる。売ったら上がる。」という相場の状況を逆手にとるとはどういうことなのか。
自分のエントリーした方向に対して不利に動いても、十分に対処できるやり方でトレードする。
という至極単純なことです。

では、「自分のエントリーした方向に対して不利に動いても、十分に対処できるやり方でトレードする。」ってどうやるの?ってことになりますが、続きは一眠りしてから書きます(;^_^A

今は5/29 深夜2時…。これ書いてたらこんな時間に…(;´Д`)
ではおやすみなさいm(_ _)m
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村

我々一般の個人投資家が情報戦で勝てない理由。

あくまでも個人的見解ですが、FXや株は、テクニカル分析による取引でしか勝算は無いと思っています。

以下その理由です。
先ずは情報戦について。

添付ファイルは今日のドル円のチャートです。
17時45分頃、北朝鮮からの飛翔体に韓国が警告弾を発射したと、DMMが情報を流してきました。
DMMによると、その後の111.048円までの一時的な反応は、この情報によるものだそうです。

仮にそれが真実だとしても、17時45分にその情報を貰ってもどうしようもないですよね…。
富豪や機関投資家の中には、世界中で流れた情報の内容に自動で反応するシステムを組んでいる人たちもいるそうです。相場が反応する前にコンピュータが仕掛けてくれるので、そういう人たちは情報戦には強いのでしょうね…。

TVや新聞のニュースと比べるとDMMの情報は圧倒的に早いですが、リアルタイムに動いている相場の動きからすると、遅い…。
つまりは、世界中でどんな事件が起きようとも、我々個人投資家は相場が反応した後の動きにどう対処するかでしか稼げないということ。

次に以下のリンク先の動画で、17分から21分50秒までを見てください。
世界のヘッジファンド戦争(1から3)

一旦流れてきた情報に付いていこうとしたり、過敏に反応してしまうと、こういうこともありますからね…。

次に自分なりにファンダメンタルズ分析をして、世の中の大局的な動きを判断し、トレードした場合。
長期的なトレードになりますから、自己資金量に対して相応に小さなロットでしか取引できませんよね。
損切り幅もかなり大きくとる必要もあるでしょうし…。
小遣い稼ぎにもなるかどうか分かりません…(;^_^A

トレードについて私が思うこと。

株でも為替でも同じ。

目の前で動いているチャートに、マイルールに従って素直に反応すること。
これしかないと思います。

↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村
平成29年5月23日1

なぜFXや株で勝つのが難しいのか…②

おはようございますm(_ _)m 書き忘れないうちに前回の記事の続きを…(;^_^A

結論を先に書くと、「トレード手法に正解は無い。自分の環境に最も適した手法を確立すべき」です。

では、前回の続きを書きますね。トレード手法を考えるにあたり考慮すべき要素。

・自分の生活環境。
・投資から得られる利益について、何を求めるのか。


先ずは、「自分の生活環境」について。

私は普段、会社勤め。嫁と一人息子有り。
ではトレードをいつやるかというと、変則勤務の会社の勤務時間の前後ってことになります。
子供は昼間は学校に行ってます。といっても小学校に入学したばかりなので、帰って来るのは午後2時とか3時と早いです。
平日の午後から夜にかけては、子供と遊ぶかトレードするか…
どちらか選ばないといけませんね…

つまり、私の生活環境だと、「いつもトレードできるわけではない。」ということになります。
となると必然的に、

「損失を被る機会は増えるかもしれないが、トレードできるチャンスは多い手法でないと稼げない。」

ということになります。それで私は1分足を使っています。
兼業トレーダーの方でも、自由になる時間が多い人は長い時間足でトレードするのもアリかと思います。
しかし、トレードに費やせる時間が限られている人が長い時間軸でトレードしようとした場合、トレードチャンスを逃すことが多くなると思います。
トレードしなければ損はしませんが、利益も得られない…
エントリーするチャンスを逃してしまうってことは出来るだけ避けたいです。個人的に。

次に、「投資から得られる利益について、何を求めるのか。」についてですが、私は、

「家族の生活費」

です。自分の小遣いを増やしたいという目的ではないんですね。
となると、相当な利益を狙う必要があるってことになってしまいます。
ここでもまた、

「トレードできるチャンスの多い手法でないと都合が悪い。」

ってことになってしまいます…(;^_^A
小遣い目的であれば、自己資金量に対して多額の利益を狙う必要もないでしょうから、エントリーするタイミングは厳選しても問題無いので、長い時間軸でのトレードもできるかと思います。



私はこんな風に考えていますので、1分足でのトレードに拘って死に物狂いでマイルールを考え直しました。



あと、言うまでもないですが、兼業トレーダーのメリットは、少ないとはいえ会社勤務をしていると安定収入を得られるってことですよね。(私の勤め先は、収入レベルが低くて有名な福祉業界です(;^_^A)
心理的に物凄く楽です。

私は専業には絶対ならないと思いますね…
怖いですよホント…専業は…


ここからは余談…。

今回の記事の前半に、「平日の午後から夜にかけては、子供と遊ぶかトレードするか… どちらか選ばないといけませんね…」なんて偉そうに書きましたが、実は、平日は子供の遊び相手は殆どできていません。

相場に復帰するまではトレード手法見直しに時間を費やしてましたし、今は損失を取り戻すことに必死…。

最悪ですね…(/ω\) でも、土日はいつも遊んでます。少しでも父親らしくありたいと思うので…。
こんな父ちゃんをどう思ってるんでしょうね…(;´Д`) 
情けない状況ですが、今できること、将来に向けてトータル的に見て最もいいと思うことを頑張ります。
ではまた…。
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ

なぜFXや株で勝つのが難しいのか…

今回は、なぜFXや株で勝つのが難しいのかを考えてみたいと思います。

とりあえず思いつく範囲のトレード手法と、それぞれのメリットデメリットを並べてみますと…

①トレンドフォロー・ロット固定・1分足で取引。
 ⇒エントリーポイントは多いが連敗した場合、損が膨らみやすい。1勝9敗でも勝ち越せる可能性はあるが、いつ勝てるか分からない状態に耐えられるメンタルも必要。

②逆張り・ロット固定・1分足で取引。
 ⇒エントリーポイントは多いが連敗した場合、損が膨らみやすい。大きなトレンドに逆らってしまった場合、相当な損失を被るリスク有り。1勝9敗でも勝ち越せる可能性はあるが、いつ勝てるか分からない状態に耐えられるメンタルも必要。

③トレンドフォロー・ロット固定・1時間足で取引。
 ⇒エントリーポイントが少ないため、利益が出るチャンスが少ない一方で、損失があっという間に膨らむリスクも少ない。1勝9敗でも勝ち越せる可能性はあるが、いつ勝てるか分からない状態に耐えられるメンタルも必要。

④逆張り・ロット固定・1時間足で取引。
 ⇒エントリーポイントが少ないため、利益が出るチャンスが少ない一方で、損失があっという間に膨らむリスクも少ない。大きなトレンドに逆らってしまった場合、損失が膨らむ。

⑤トレンドフォロー・ナンピン可・1分足で取引。
 ⇒エントリーポイントが多い。また、ナンピンで凌ぐために勝率は高い。ただし、9勝1敗でも損失の方が利益より大きくなるリスクがある。

⑥逆張り・ナンピン可・1分足で取引。
 ⇒エントリーポイントが多い。また、ナンピンで凌ぐために勝率は高い。ただし、9勝1敗でも損失の方が利益より大きくなるリスクがある。大きなトレンドに逆らってしまった場合、致命的なダメージを喰らう可能性がある。

⑦トレンドフォロー・ナンピン可・1時間足で取引。
 ⇒エントリーポイントが少ない。ナンピンで凌ぐために勝率は高い。ただし、9勝1敗でも損失の方が利益より大きくなるリスクがある。

⑧逆張り・ナンピン可・1時間足で取引。
 ⇒エントリーポイントが少ない。また、ナンピンで凌ぐために勝率は高い。ただし、9勝1敗でも損失の方が利益より大きくなるリスクがある。大きなトレンドに逆らってしまった場合、致命的なダメージを喰らう可能性がある。


てな感じですかね。
どれも一長一短で、確実に勝てる方法なんて無いというのは容易に察しがつきますよね(;^_^A。

愚痴ってばかりでもしょうがないので、①~⑧のちょっとでもいいところを並べてみると、

・長い時間軸
・トレンドフォロー

ということになりますね。
それなら、「この2つをベースに手法を考えれば良いやん。」ということになりそうですが、そうなりませんよね…。

トレード手法を考えるにあたって、他にも考慮しないといけないものがあります。それは、

・自分の生活環境。
・投資から得られる利益について、何を求めるのか。

この2つですね。ちょっと長くなったので、続きは次回書かせていただきます…m(_ _)m
↓更新の励みになります。1ポチお願いしますm(__)m↓
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
プロフィール

じゅんくんのパパ

Author:じゅんくんのパパ
FXでしっかり稼げるようになるため、日々頑張ってます(^^)/
一人息子の子育て奮闘中~。
ちなみにブログ初心者です(;^ω^)

カテゴリ
フリーエリア
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
最新記事
フリーエリア
このブログの内容全て、管理人じゅんくんのパパの個人的意見・感想等です。 投資勧誘目的では無いです。 投資は自己判断・自己責任で行って下さい。当ブログの内容につきましては、無断転載禁止です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。